【クレカ見直し第2弾】nanacoカードとの紐付クレカを見直し!リクルートカードは還元率1.2%

各種クレジットカード

こんにちは!どうせ税金を払うなら少しでもお得に払いたい!久しぶりに、nanacoカードと紐付クレカを見直しました。

nanacoカードで税金を払う

私は、一応?、会社員なので税金を自分で払うっていうことはあまりないんですが、(基本、給与からひかれます)年に一回ぐらいあるので、税金(や、保険)を自分で払っている人の気持ち、若干わかります。

一般的に、少しでもオトクに税金を払う!といえば、nanacoにクレジットカードからチャージする方法ですね。(最近は、クレジットカード支払いを取り入れている自治体もあるので、その時は素直にクレカ払いしちゃえばOKです。)

あ、なんかよくわからん。という人に、一つ前置きをしておきますと、

●nanacoは、いわゆる電子マネーです。

nanaco自体では、何も買い物できなくて、nanacoにチャージしたら、セブンイレブンなどで買い物できます。いったら、イコカカードみたいな使い方です。ただし、イコカカードの場合、使ってもポイントつきませんが、nanacoはnanacoで支払ったらポイントが付きます。(でも、税金支払い時はつきません。とか、言うと余計ややこしいですね。すみません)

なお、私は、nanacoに紐付できてチャージでもポイントがつくカードを2枚持っています。

●yahoo!JAPAN JCBカード
●リクルートカード (VISA)

もともと、yahoo!JAPANカードを先に発行したのもあり、こちらをnanacoに紐付しています。

そして、いざ使うぞ!と思ったら、普通にネットでクレカ払いできるようになってました。笑

出番、なし~。 その時の話は、コチラの記事をどうぞ。

クレジットカードで、税金を払ってみた話(新旧比較付)
いつも、支払いやら、手続きやら、ぎっりぎりでばたばたしてしまう性格です。なるべくシンプルな生活を心がけているのだが、、日々もろもろのめんどくさいコトたちと闘っています。笑 (大阪)市税がクレジットカードで払えるようになった件 会社員なの...

もう、nanaco紐付している意味ないな。。。と思ったところに、マンションの保険費用の更新はがきがきており、コンビニで払わなければなりません。これは!いまこそ!使う時が来た。

そこで、ふと、思い立ち、nanaco紐付を見直すことにしました。

どのカードをnanacoに紐付る?

注意:下記に記載の還元率は、あくまで、税金支払い用に「nanaco」に現金をチャージした時に、該当のクレジットカードに還元されるポイントの率を記載しています。

yahoo!JAPANカード(JCB)
もしくは
楽天カード(JCB)
リクルートカード
(VISA /Master /JCB)
セブンカードプラス
(VISA/JCB)
還元率
(チャージ)
 1.0% 1.2% 0.5%
200円(税込)ごとに1ポイント 

※2017年9月に調べた結果です。

追記:yahoo!JAPANカード(JCB)のnanacoクレジットチャージのポイント付与率が、2018年2月28日より0.5%に改悪となりました。

18/3/16追記:リクルートカードについてもポイント付与対象に上限が設定されました!
(合算で!の部分、重要かもしれませんね。)

2018年4月16日(月)より、下記の対象となる電子マネーチャージご利用分については、ご利用金額の合算で月間30,000円までがポイント加算の対象となります。
合算で30,001円以上のご利用分はポイント加算の対象外となります。
なお、ご利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額です。

※月間集計期間は毎月16日~翌月15日となります。
※2018年4月15日(日)以前のご利用分でも、2018年4月16日(月)以降にカード会社へ売上データが到着した場合、上記の対象となります。

対象となる電子マネーチャージ
【JCBブランド】
nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
【Mastercard(R) / Visaブランド】
nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

いや、セブンプラスカード、私持ってないんですけどねww。この間、同級生3人でこのnanaco紐づけの話をしている時に、一人がセブンプラスカードとnanacoが一体になっているとかで、「私は、これでnanacoのポイントがついている!間違ってないよね!」って聞かれて、いや、カード自体が一体になっているなら、間違いないやろーと思いながら、そのカードがよくわからなかったので、調べました。

セブンカードプラスの0.5%の算出根拠は、これです。

【悲報】というわけで・・・、イトーヨカドーとかの提携店ではこれまでどおり還元率が高いセブンカードプラスを使い、税金支払い用に別の「nanacoカードと紐付するリクルートカードもしくは楽天・yahoo!JAPANカード(JCB)のセット」を持つことを友人Hに伝えたい。

一応、勘違いしちゃいけないこんなこと

もう一度、この図を示すと

税金支払いの場合、下に記載の「100円(税抜)ごとに1nanacoポイントたまります」はたまりません。

ここで少しでもお得にしようとしているのは、「200円ごとに1nanacoたまります」とあるチャージに対するポイントだけです。混乱するよねー。

迷いなく、紐付は「リクルートカード」に

調べた結果、nanacoへの紐付は、「リクルートカード」に変更することにしました。

nanacoに紐付るクレジットカードは、nanacoカード1枚に対して、クレジットカード1枚のようです。複数もつほど使わないので、これまでyahoo!JAPANカードを紐付ていたnanacoカードをリクルートカード紐付に変更しました。

変更は、nanacoの会員メニューから対応できます。 

変更登録ができると、実際チャージできるまで24時間かかります♡

おまけ

リクルートカードは、下図のとおり、国際ブランドに限らずnanacoへのチャージでポイント対象となります。

※これも、大切なポイントだと思いますが、
・nanacoにチャージできるクレジットカードは多くありますが、チャージ時にポイントが付かない もしくは、ついても還元率が低いクレジットカードもあります。
選ぶなら、チャージの還元率が高いクレジットカードを選ぶ必要があります。

リクルートカード発行しますか?

リクルートカードも、もちろんポイントサイト経由での発行をおすすめします。

ただし、今はあんまりポイントが高くないですね。 (2017年9月4日調べ)

私は、様子をみて、ここらへんがつくり時かなーと、ちょびリッチで作りました。

また、ポイントあがったらこのブログで告知できたらなぁと思います。

リクルートカードのポイントシステム

もう、ついでなのでー、リクルートカードのポイントシステムについて一緒に書いておきます。

リクルートカードの会員サイトで明細とポイントを確認しようとすると、

リクルートIDとPonta Webを連携させてれば、この時、「ポイント残高照会」クリックすると、Ponta Webを開き、そこでポイント管理できます。

カード決済で付与されたリクルートポイントは、PontaWebで、Pontaポイントに交換できます。 

私の場合は、さらにこれを、JALマイルに交換しています。

このあたりは、Pontaとリクルートカード(リクルートID)とJALマイレージ会員番号が紐づけされている必要があります。

ちなみに、「リクルートポイント 期間限定ポイント」は、「Pontaポイント」に交換できません!

例えば、こういう入会時にもらえる大きなポイントは、期間限定ポイントなことが多いです。

この期間限定ポイントの使い道としては、提携サービスで使うのが一つです。
例えば、ポンパレモールとか。

でもー、もう一つポイントの交換方法あります!

「ショプリエ」というアプリで、リクルートID登録すると保有ポイントに、リクルート期間限定ポイントも含んで表記されます。

これを、ショプリエアプリ内で好きなポイントサービスやギフト券に交換できます。

私は、近鉄のギフト券に交換しています。(これ、あべのハルカス近鉄本店(昔でいう、あべ近)の窓口にいく必要があります。面倒なら、大丸百貨店なら郵送されてきます。)このアプリのおかげで、リクルート期間限定ポイントの使い道が広がりました♪

これ~。フープでも使えるんだよ♪フープには、ナノユニバースも、バナリパも、トゥモローランドも入っているんだよ。

あ、、なんか、、13ポイントしか持ってないとか・・恥ずかしい。この間、手持ち全部、JALマイルに交換したところだから・・・。

長々とお読みいただき、ありがとうございます。