【クレカ見直し第3弾】ソラチカカードは、ANAマイル交換するためだけのカードなの?

各種クレジットカード

こんにちは!今日は、ソラチカカードの活用についてまとめみました。

ソラチカカードとは

ANAマイルをためる”陸”マイラーの必須カード、ソラチカカードです。

わたしは、発行して1年ほどになります。このカードだけで、毎月ANAマイルを1.8万マイルためられる驚異のカードです。

年間でいえば、1.8万×12=21.6万マイルになります。

具体的な方法については、こちらの記事をどうぞ。わたしは、ラッキーなことに、このカードでマイルをためて、半年ほどでANAのファーストクラスに乗ることができました。

私は、何故ANA国際線ファーストクラスに乗れたのか~ANAマイルの貯め方~
こんにちは!今年の4月の休暇は、羽田からANA国際線ファーストクラスを利用してロサンゼルスへ行きました。ロサンゼルスに中学の同級生がいるので、たまに会いにいくのですが、お金払ってファーストクラスのチケットをとったと思われていたようで、「ずい...

 

年会費・諸経費、還元率は?

まず、年会費については、初年度無料・次年度以降、2,000円(税別)

無料じゃないの!?って、感じですが、ANAマイルをこのカードで貯めている人にとっては十二分にもとをとれる範囲です。

さらに、クレジットカードにおいて、重要なポイントは、「還元率」になります。

このソラチカカードについては、還元率は良くない。と言われています。

なので、決済用として保有しているより、ANAマイルへの交換用に保有している方が多いのではないでしょうか。私も、普段の買い物ではほとんど利用しません。

ソラチカカードのポイントシステムについて、整理します。

一番左のOkiDokiポイントについて、みていきます。これがー、なんかややこしいんだな。

私は、以前は「ANA JCBカード」でOkiDokiポイントをANAマイルに交換するという貯め方をしていたのですが、還元率がさほど高くないので、今は解約しています。

では、この 1,000円につき OkiDokiポイント 1ポイント ってどれほどの価値があるのかですが、選択するコースによって異なります。

選択しないといけないのは、2項目

①5マイルコースか10マイルコース
②自動移行かマルチコース

①については、付与されたOkiDokiポイントをANAマイルに交換する時のレートです。そんなん10マイルコースの方がいいやん!って感じだと思いますが、当然お金が必要です。10マイルコースを選択した人は、5,000円(年・税別)必要です。

 

②については、毎月決済額に応じてOkiDokiポイントが付与されますが、自動でANAマイルに移行してくれるか、自分で都度何に交換するか選べるマルチコースです。

マルチコースについて:
お好みのタイミングで、マイルへの移行やOki Dokiポイントプログラムの商品に交換することができます。
お電話・会員専用WEBサービス「MyJCB」でのお申し込みから約1週間でマイルに移行されます。

<マルチコースでANAマイルに交換する場合>

ちなみに私は、「ボーナスポイント」はゼロなんですが、これは年間利用額に応じて、ステージがかわり、それに伴いボーナスとしてもらえる部分のようです。

ボーナスポイントとは
JCB STAR MEMBERSで獲得したボーナスポイント
・「Oki Doki ランド」ご利用により獲得したボーナスポイント
・各種キャンペーンにより獲得したボーナスポイント
引用:https://www.jcb.co.jp/ordercard/pop/index_an06.html

そんなわけで、とりあえず、

1000円決済で、1OkiDokiポイント=5マイルってことは、還元率は0.5%。しかも、1000円単位って結構ポイントのとりこぼし大きいっていう、クレジットでの還元率はあまりよくないカードです。

※ちなみに、この0.5%って、ANAマイルに交換する時の還元率ですよね。例えば、年会費無料の楽天カードの還元率は、通常1.0%!負けてるやん!って感じですが、これは、楽天スーパーポイントの還元率です。これを、さらに、ANAマイルに交換すると、×0.5になるので、楽天カードのANAマイルへの還元率も0.5%と言えます。そう考えると、還元率は同等になりますが・・・ソラチカカードの場合、1,000円単位でポイントっていうところが、ややネックですね。(涙)

では、使い道がないのか・・・という話ですが。

ソラチカカードの使い道①~東京メトロ乗る時に使う~

「PASMO」機能を搭載

私は、関西在住なので、日常的に「PASMO」を利用することはないです。

大阪の地下鉄でも、「PASMO」は利用できますが、「Pitapa」を利用すると、月間の利用額に対して割引がきくため、「Pitapa」を利用しています。

関東にお住まいで、私鉄や地下鉄を日常的に利用される方は、やはりソラチカカードの「PASMO」を使われているのでしょうか。定期機能とかあるのかな?と、調べてみたら、やはりつけられるみたいですね。

登録しておこう!

次は、下図の「東京メトロで貯める」についてです。

詳しく、HPを観ると、メトロポイントPlusの登録が必要です。

登録は、「Tokyo Metro To Me CARD 会員専用サイト」から行うことができます。

※メトロポイントPlusの対象としたいPASMOの裏面に刻印してあるPASMOカード番号の登録が必要です。

PASMOはオートチャージ機能付き!

私は、ソラチカカードを手にして、はじめて東京出張時、改札を前にしてどうしたらいいのか・・・とあわてました。

ソラチカカードについているPASMOは、「オートチャージ」機能付きです。

事前に、チャージする必要がなく、改札で直接タッチしたら、その時に「オートチャージ」されます。もちろん、チャージされた金額は、ソラチカカードと一緒に請求されます。

ロゴマークを覚えておこう

ささいなことではありますが、「メトロポイントPlus」のロゴのある店舗・自販機(コインロッカー含む)では、ソラチカカードが役立ちます。

関西にお住いの方も、東京方面へ行くときは、忘れずに♪

ソラチカカードの使い道②~自転車保険つけておく~

これは、ソラチカカードだから、、、というわけではなく、ソラチカカードの国際ブランド「JCB」を活用したものです。

自転車保険・・・入られてますか?怖いですよね。

というわけで、私は、JCBの「トッピング保険日常生活賠償プラン」に加入しています。

毎月150円が、ソラチカカードから請求されます。

問い合わせると、家族も一緒に・・・という場合だと、↓こちらがよいとかの説明だったかな。

このあたりは、電話で問い合わせをして、加入コースを決めました。(私が入っているのは、自転車保険もかねたものです。)

ソラチカカードの使い道③~電子マネー決済で使う~

もう一つ、街中で、ソラチカカードを使うのは、「電子マネー」決済を行うときです。

最近だと、「モスバーガー」で会計する時に、クレジットカード不可で、電子マネーはOKだったため、ソラチカカードについている「PASMO」で支払いをしました。

ソラチカカードの使い道④~ANAカードとして活用する~

ソラチカカードって、ANAカードの一種類なんですよね。と、いうことは、例えば、ANAのチケットを購入する時は、ソラチカカードを使うべきでしょうか。また、空港のANAショップで購入する時も、ソラチカカードで購入すべきでしょうか。

【3つのランクがあるANAカード】

ソラチカカードは、ちゃーんと一般カードの中にいらっしゃる。(右下!)

【ANA一般カードの特徴】※二年目から、年会費2,000円(税別)かかるけど、1,000マイルもらえる♪

搭乗時ボーナスナイル 10% つきますね!やっぱり、ANAのチケット買うときは、決済はソラチカカードかな。(ゴールド・プラチナ持っている人は別ですが)

やはり、ANAFESTAも10%OFFなど、飛行機乗る時、空港利用では使えそうですね。

ホテルについては、IHGはやはりANAカードがお得そうですね。

※空港免税店5%OFFっていうのは、ANAグループの免税店(ANA DUTY FREE SHOP)限定のようです。

ま、ANA系列でお金を使うときは、ANAカードで! って、当然と言えば、当然か。

じゃぁ、右から3つ目の、「カードマイルプラス」って何だろーを調べてみました。

ANAカードマイルプラス提携店・対象商品をご利用の際ANAカードでクレジット決済いただくと、クレジットカード会社のポイント移行分とは別に100円(税込み)につき1マイルまたは200円(税込み)につき1マイルが自動的に積算されます。
一部提携店では、ANAカードに付帯された三井住友カード発行の「iD」およびJCB発行のQUICPay TM(クイックペイ)のご利用も対象になります。
また、ANAカードマイルプラス提携店のうち、ANA航空券や機内販売、ショッピングサイト「ANAショッピング A-style」をご利用の際、「ANAカード プレミアム」でクレジット決済いただくと、通常100円(税込み)につき1マイルのところ、2マイルが積算されます。

ほほーん。これは、ANAカードマイルプラス提携店がどこか、把握しておきたいところです。

↓いっぱいありそう・・・。

私が、使えそうなのは、

グローバルwifiも提携店だったんだ!とか、調べると結構出てきます。
(逆に、百貨店は、いまいち還元率よくない・・・というのもわかりました)

ココから確認できるので、よく使うお店が案外提携店の可能性あるので、一度ご確認を♪

 ソラチカカードの使い道④~QUIC Payを使う~

ここまで理解するのも、まぁまぁぐったりしますが・・笑

まだ、あるんですよ~。「QUICPay」つけられます。

↓下2行が重要か!?

また、JCBについては、ANAカードマイルプラス加盟店でクイックペイを利用すると、JCBのOkiDokiポイントとは別に自動的にマイルが貯まります。

このあたりは、(ややこしすぎて)ちょっと心が折れそうになりますが、nanacoと一体となったものが発行できます。300円かかるけど!

で、どういうシーンで利用するのがよいのか・・・なんですが、これ、ちょっと宿題にさせてください。現在、調査中です。

ソラチカカードの使い道 ~その他~

ある意味・・・、盲点のような感じだったんですが・・・、

ソラチカカードにPitapaつけられた~。ソラチカカードは、東京メトロとセットでしょ。

さらに、そこにPitapaつけられるなんて!

引用:http://www.jcb.co.jp/ordercard/teikei/ana_tome.html

Pitapa用に、別のクレジットカード持ってるんですけどね・・・。まぁ、それはそれで使い道のあるカードなので、よしとしよう。

他に、ETCカードもつけられますね。(車、運転しないから、いつもスルーするポイントですが)

ApplePayも、ちょっと私の専門外です。

まとめ

私のソラチカカード活用案は、
①東京出張時など、東京メトロに乗るときは、PASMOを利用
②JCBの「トッピング保険日常生活賠償プラン」に加入(月150円)
③クレジット払い不可のお店で、PASMO電子マネーで支払
④ANAのチケット購入時やANA関連店舗での支払い時にソラチカ利用
⑤ANAカードマイルプラス提携店利用時にソラチカカードで決済(例:グローバルwifi)
※QuickPayについては、宿題に。
※他に、ETC Pitapaカードもつけられます。

一応、手持ちクレジットカードのうちの貴重な1枚なので、十分な役割を担ってくれていると思います。

あと、おまけ的に書くと、、、台湾は、「JCB」が強いですね。

私は、メインカードは、AMEXですが、台湾では利用できないこともしばしば・・・なので、そんな時は、一応、ソラチカのJCBブランドが役だったりします。

どうでしょうか。ソラチカカードって、みなさん、ANAマイルへの交換以外に、どの程度活用されているのか、不明だったので、私の場合を書いてみました。ほぼほぼ、自分の覚書用の記事のようになってしまいましたが、この機会にがっつり調べられてよかったです。