JW Marriott Hotel HongKong 宿泊記 【駅直結で観光にも便利!ラウンジも堪能】

SPG・marriott

こんにちは!

香港旅行の際に、「JW Marriott Hotel HongKong」に泊まってきました!

JWマリオットホテル概要

まず、立地については、「香港島」のパシフィックプレイスに隣接して建てられています。周辺には、シャングリラホテル、コンラッドホテルが並び都会的な雰囲気です。パシフィックプレイスは、ショッピングモールで、高級志向のお店が多かったです。また、地下鉄の「金鐘駅」とも直結しており、この駅は、九龍側へ渡る地下鉄路線も乗り入れているので、観光移動の際にもとても便利な位置にあります。

空港からアクセスする場合なら、エアポート・エクスプレスで、香港駅で降車後、無料のシャトルバスのH1系統の6番目の駅です。ホテルの前に停車するので、便利です。

もし、夕方などのラッシュアワーの時間帯に空港からホテルへ向かうなら、バスは渋滞で時間がかかるので、荷物など少ないようでしたら、地下鉄でのアクセスが便利だと思います。

客室の様子

客室は、27階のお部屋でした。一応、コーナー気味のお部屋にしてくださっている模様。

お部屋の扉を開いて、通路があってからの、寝室!のお部屋でした。寝室からすぐ扉あるお部屋よりやっぱり、気持ち落ち着きますね。

こういう部屋のつくりに泊まれたのは、京都のオークラホテル以来です。

↑マットレス on マットレス みたいな感じで、よじのぼらないといけないほどゴージャスなベッド。すっごいよく眠れました。やっぱり、寝具の品質って大事ですね。

ミニバーには、(これなんていうんだったかの)コーヒーマシーン。

バスルームは、シャワーとバスタブがそれぞれあるのは、さすがJWマリオット!

手をふくタオルをつけてくれているのも、バスタオルが人数分×2枚あるのも、うれしいです。

↓写真のバスタブは、ガラスに映りこんでいるだけです。(念のため)

アメニティは、「アロマセラピーアソシエイツ」でした。

英国の高級アロマブランドだけあって、髪さっらさら、きもちよいフローラル(ラベンダー?)の香りがしました。

快適なバスローブ(なのか、ガウンというのか)。香港は全体的に(空調で)寒いので、夜寝るときにこのバスローブきて寝たら、風邪ひかずにすみました。

ちなみに、お部屋の廊下はこんな感じ。

廊下に扉があって、隣の部屋とオープンにして利用することも可能な模様。

家族で2室とるならこういうのが便利ですね。

エグゼクティブラウンジの様子

今回は、エグゼクティブラウンジを利用できましたので、ラウンジの様子をご紹介します。

では、まず、こちらがラウンジの入り口です。(33階)

33階は、食事をするスペースが中心ですが、はしっこにはおちついたソファースペース・簡単なビジネスコーナーもあります。

では、私が利用した順にどどんと紹介しています。ほぼ、食べてます。

アフタヌーンティ

↑写真にうつってないんですが、プレーンのスコーンもあり、プレーンの方がおいしかったです。

中国茶のコーナーもあり、なぜかハチミツも。

はい、こちら↓が私のよくばりプレートです。笑

追記:わざわざ追記することかーーい!って感じですが、
ここのラウンジのスコーンは、ほんとにおいしかった。
(どちらかと言えば、普段はもそもそするのでスコーンは苦手なんですが、
ここのは、もそもそしなかった!)
今でも、思い出して、あのスコーンまた食べたいなぁと思います。

なお、この時34階も偵察にいったので、ご紹介

34階はドリンクの用意だけしてあります。

お席はこんな感じ。景色が(そこそこ)良いので、まったり落ち着きたかったら、静かな34階がおすすめ。

この階段で33階とつながっています。

カクテル・オードブル

で、アフタヌーンティは、私的にはやや不発だったので、昼寝してエネルギーチャージして、カクテルタイムに突入です。とは、いえ夕食は外に食べにでる予定だったので、控えめに・・しています。

注)このポテチ、めっちゃしょっぱかったです。最後、ポテチと生ハムをおいてたので、しばらく口の中がしょっぱかったので、みなさん、JWマリオットのラウンジでは円分の取りすぎにご注意ください。笑

では、どんなものがいただけたかと言いますと、がっつり系のおかず

点心2種

サラダも!

チーズも!

まだあるよ!

アルコールは、スパークリングワインもありましたし、ビールとワイン、カクテルのカウンターもあります。

正直、今回ラウンジでおビール、ワインなどいただいたので、外食時はほとんどノンアルコールで済ませることができました。

ブレクファースト

朝食は、無料で利用できたにしては、かなり充実していました。

お粥やおかずが並びます。

フルーツ、ヨーグルトも各種

ここで、ワッフル焼いてくれます。このワッフルとてもおいしかったです。ポーチドエッグも作ってくれて、オムレツも作ってくれるんじゃないかしら。(そこまで、おなかが回りませんでした)

朝のよくばりプレートです。クロワッサンとお粥は、別腹です。

2ラウンド目は、フルーツとヨーグルト(と、点心)

これでも、昼ごはんに飲茶を食べに出かける予定だったので、かなり抑え目に・・がんばりました。

感想

びっくりするけど、どの時間にいってもいてる夫婦がいはったり、なんか山盛りの卵をとりこんでる高齢のご夫婦がいたり・・・。こういう人たちは、観光なんかにはでかけないんだろうか、と不思議に思いながらも、一人でさささと朝食を済ませる女性がいて、この人はビジネスで滞在しているのかなぁと思ったり。まわりの方を、こっそり観察するのも楽しいです。

良かったのは、ブレークファーストはかなり満足できました。一方、アフタヌーンティは、ややこざっぱりした感じだわ。という印象。でも、スコーンがめちゃくちゃおいしかったから、あのスコーンを食べにもう一度行きたかったり。

ここのコーヒーは、あまり私の口にはあわなかったのが残念)

ちなみに、日本語はぜんぜん通じない感じでした。

でも、まぁ、そんなにいろいろ注文つけなかったら大丈夫じゃないでしょうか。ラウンジ利用に関しては、日本語の案内書をいただけましたしね。では!

マリオットホテルに泊まるなら

外資系のホテルチェーンでは、クレジットカードを発行していることが多いですが、

マリオットホテルでは、日本在住者向けのクレジットカードは発行されていません。

ただし、マリオットと提携・統合した セントレジス・ウェスティンを擁する

「SPG(スターウッド・ホテル&リゾート)」では、SPG アメリカンエクスプレスカードを

発行しています。

現在、私がメインカードとして利用しているカードです。

SPG アメックスカードを発行すると、

2年目以降更新時に、無料宿泊1泊できるのですが、これが2018年8月から

マリオットホテルも無料宿泊の対象となりました。

また、14時チェックアウトや客室アップグレードなど、ホテル宿泊時のメリットも大きいカードとなっています。

ほかにも、こちらの記事で私が保有しているメリットや魅力を紹介しています。

SPGアメックスカードの発行/継続の特典とメリット・紹介制度のまとめ【ご紹介問い合わせフォーム有】
私が、決済用メインカードに使っているSPGアメックスカードの特典と、ポイントプログラム、紹介制度についてまとめました。このカードは、まさに私のようにSPGホテルの上級ステータスを目指すよりも、マイルを貯めている人向けです。その理由もまとめているので、発行を検討している人は参考にしてください♪

コメント