SPGアメックスカードの発行/継続の特典とメリット・紹介制度のまとめ【ご紹介問い合わせフォーム有】

SPG・marriott

こんにちは!

今日は、私が生活費等の決済のメインカードとして利用している

SPGアメックスカードについて紹介します。

この夏、更新して2年目に入りましたので、1年間使用してメリットを感じた点など、あるいはそうでない点?も、ユーザー目線で整理してみました。

SPGは、ウェスティンなどを擁するホテルグループですが、

この度、マリオットホテルグループ(及びリッツカールトングループ)と統合されました。

これを受けて、会員制度やポイントプログラムなどが、2018年8月に統合されています。

この記事では、統合後のSPGアメックスカードのポイントプログラムやカード会員の特典についてまとめています。

SPG AMEXカード保有者の特典

SPG AMEXカードの特典は、以下の2種類があります。
■発行時に受け取ることのできる特典
■カード保有者の特典

発行時の特典は、入会の特典になります。

2つ目のカード保有者の特典について説明すると、大きく3種類の特典が挙げられます。

①SPG/マリオットカードの共通ホテルプログラム(ロイヤリティプログラム)の会員ステータスがゴールドエリートになる
②旅行関係の特典がいくつか用意されている
③カード更新時(2年目以降)無料宿泊が1泊できる特典が得られる

①ゴールドエリート会員の特典

まず、①番目についてですが、会員ステータスの「ゴールドエリート」によって受けられる特典を整理します。

まず、ゴールドエリートというのは、通常は、年に25泊滞在する必要があります。

ゴールドエリートの特典は、以下の通りですが、その中でもメリットが大きいのは、赤枠のものでしょうか。

アップグレードについては、アップグレードできる客室に空きがあれば。。ということなので、必ずしも確約されるものでは、アップグレードされればラッキーぐらいに考えておくとよいと思います。

また、2時までのレイトチェックアウトは、結構重宝します。

はじめの25%ボーナスポイントについては、レストランなどの費用も適用されます。

客室料金およびお部屋付けにできるスパやレストランなどの付随費用をはじめ、対象となるご利用金額全額に対して、25%の追加ポイントを獲得できます。

宿泊時以外のレストラン利用でも適用していただけると嬉しいのですが。。。この文面からは、そうはならなさそうですね。

ただし、日本国内の直営レストラン&バーの利用で、このSPG AMEXカードで決済すると15%OFFとなります。(直営レストラン&バーは、SPGのブランドが対象です。)

ウェルカムギフトについては、以下のとおりホテルのブランドによりポイント数は異なります。

ホテルご到着時に、250ポイントまたは500ポイント (ブランドによって異なります) のギフトをお受け取りください。

また、あわせて、年間、「5宿泊分の実績」が付与されます。

既にゴールドエリートなわけですが、次の「プラチナエリート」を目指すことになります。

「プラチナエリート」のステータスに必要な宿泊実績は、50泊となっていますから、実際は、45泊の宿泊でよいということになります。

(45泊もなかなか大変なものですが・・・。笑 それが達成できるなら、ゴールドエリートもらう必要ないじゃないか。というジレンマを感じるのは私だけでしょうか。笑)

②旅行関係の特典

次に、旅行関係の特典ですが、代表的なものは、

・手荷物無料配送サービス

海外旅行の際、ご出発・ご帰国時に、カード会員様1名様につき、スーツケース1個を無料で配送いたします。(自宅-空港間)[成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、羽田空港(国際線利用のみ)]

これは、毎回利用させていただいていて、帰国時に空港から自宅へスーツケースを配送してもらっています。

・空港ラウンジ利用

主に、国内の空港になりますが、カードラウンジが利用できます。アルコールなどは有料ですが、ソフトドリンクは無料です。出発までの時間調整などに重宝する特典です。

③2年目以降付与される「無料宿泊」の価値

次に、2年目以降付与される「無料宿泊」特典について整理します。

SPG/マリオット リワード参加ホテル

交換レート1泊50,000ポイントまで

※無料宿泊特典は、1泊のみご利用いただけます。50,000ポイントを分割してのご利用は承れません

5万ポイントで宿泊できるホテルの1例は、この記事の後半にまとめています。

また、SPGのホテルグループだけでなく、統合によりマリオットリワードのホテルも無料宿泊の対象となりました!

選択肢が広がるのはとってもよいことですね!

ほかに、カードの保険について、まとめた記事が別にありますので、そちらも参考になさってください。

https://gorogoroblog.com/creditcard/mycard/insurance/#toc10

SPG AMEXカードのポイントプログラム

また、カード決済によって得られるポイントについて説明します。

カードご利用金額100円毎に獲得いただけるポイント数が3ポイント

※公共料金など例外はあり

このカードはアメリカンエクスプレスカードではありますが、カード決済によってAMEXのポイントが付与されるわけではありません。

このカードの決済で得られるのは、「SPG/マリオットリワード」のポイントとなります。

ですので、

・カード決済で得られるSPG/マリオットリワードポイント

と、

・SPG/マリオットホテル宿泊で得られるポイント

は、統合して積算されていきます。

貯まったポイントの使い道

今年のプログラム統合で、いろいろと騒がしくはなりましたが、もともとSPG AMEXカードの人気があったのは、ポイントの使い道が豊富であったことが挙げられます。

1つは、貯まったポイントを使って、ホテルに宿泊することができます。

また、メガボーナスキャンペーンといって、対象エリアのホテルに宿泊すると、もらえるボーナスポイントが大きかったり、去年は、2滞在すると1泊無料で宿泊できるキャンペーンがあったりして、滞在でのポイントももらえる、無料宿泊ももらえるとかなりメガなキャンペーンも開催されていました。

もう一つは、貯まったポイントを航空会社のマイルに交換すると、非常によいレートで交換できます。

このレートの良さが、SPG AMEXカードの人気の最大要因となっています。

私が、このクレジットカードを発行したのも、決済で貯めたポイントをマイルに交換するレートが高いためです。

仮に、月10万決済するとすると、3,000ポイント付与されます。

年間で、月10万円×12か月で120万円ですが、ここに旅行などの臨時出費が加わり年間200万円決済すると、6万ポイント/年となります。

ポイントからマイルへの交換レートは、以下の通りです。

主要提携航空会社のマイレージプログラムにポイントをマイルとして移行することができます。1回の手続きで60,000ポイント毎に、15,000ボーナスポイントが付き、その合計がマイルに移行されます。

※参加航空会社と移行比率は変更される場合がございます。

ちょっとわかりにくいので、交換ページのリンクをはっておきます。

このページの「ポイントを使用」の「旅」のところから交換ページにとびます。

まず、ポイントは40社以上の航空会社のマイルに交換することができます。

この中で、私たちがよく利用するであろう、ANA・JALなどは、多くの航空会社で

移動の際の比率は3ポイント=1マイルとなっています。

もし、6万ポイント交換すると、2万マイルとなります。

さらに、6万ポイント毎(6万ポイント単位)で交換すると、15,000ボーナスポイントが付き、この場合、+5,000マイルが付与されます。

つまり、6万ポイント交換すると、2.5万マイルとなります。

6万ポイントが2.5万マイルって、すんごい目減りしてない??って思われるかもしれないので、

一応、マリオットのポイントと統合する前と後で、交換レートは変わらないんですよ、という図を以下に示します。

従来、SPGのスターポイントを2万ポイントマイルに交換すると、2.5万マイルなっていました。

(例外の航空会社あり)

それが、マリオットのポイントと統合する際に、マリオットのポイントに単位をあわせて、3倍の表記になりました。

つまり、以前、SPGのポイントを2万ポイント持っていたら、現在、統合されて6万ポイントとなっています。これを、マイルに交換すると、2.5万マイルになります。

なお、ちょっとわかりにくいんですが、ポイントの単位が変わったので、

『なんか、マイルに交換したら、すっごい減るんだけど・・・』と思うかもしれませんが、

マイルへの交換レートは、統合前と変わりありません。

このホテルのポイントが1ポイントいくらか、、、となりますが、基本的に、

ホテルポイント3P=マイル1マイルが等価交換(×1.0)と言われていて、ボーナスが加わると、×1.25レートで交換できると計算されるのが一般的となっています。

よくカードの還元率は、1.0%や1.5%などと表現されますが、

SPGAMEXカードのポイントは、通常1.0%、マイルへ6万ポイントへ交換すると1.25%に上がるというのが、このカードの人気の秘訣です。

※SPGとマリオットは従来ポイントの単位が異なっており、

マリオット1ポイント=SPG3ポイントに相応するということで、統合前に持っていたSPGポイントは、3倍のポイント数に変更された経緯があります。

仮に、私が先に書いたように、年間200万円決済すると、マイルに交換して2.5万マイル得られることになります。

ANAカードなら、ANAマイルへ、JALカードならJALマイルへと、

交換先の航空会社が当然縛られますが、このSPGAMEXカードであれば、その時の状況に応じて、ANAへ交換したり、JALへ交換したりとフレキシブルに使えるのも使い勝手がよい理由です。

この使い勝手の良さに惹かれて、私は、SPGAMEXカードをメインカードとしています。

SPG AMEXカード発行の特典

SPG AMEXカードの年会費と・・・もとはとれるのかちょっと検証

ここまで、SPG AMEXの特典とSPGポイントの魅力を紹介しましたが、

さて、SPG AMEXの年会費は、少々お高くなっています。

逆に言えば、高い分、特典も豊富なカードとなっています。

さて、これだけの年会費、もととれるのか?っていうことですが、

2年目以降は、無料宿泊が1泊得られます。1泊5万ポイントで宿泊可能なホテル(かつ、希望日に空室のあるホテル)で予約可能です。

ちょっと参考に、私がこれまで利用したことのあるホテルのポイント数を調べてみます。

【東京】ザ・プリンスさくらタワー東京

【香港】J.Wマリオットホテル香港

どちらも、3万円台後半から4万円弱が相場のホテルになっています。

無料宿泊を利用する際は、なるべくポイント数がお高めのホテルを狙うのがお勧めです。

そうすれば、年会費ももとをとっていけますよ♪

私は、上海のW Shanghai-band-に宿泊させてもらいました!

宿泊記は、コチラ♪

【SPG】上海で「W Shanghai - The Bund」に宿泊してきました
こんにちは! 今日は、2018年11月の上海旅行で宿泊してきた「W  Shanghai - The Bund」についてご紹介します。 2泊3日の旅行記は、コチラです♪ W  Shanghai - The Bundについ...

最後に、SPG AMEXカードの発行時に受け取ることのできる特典を説明しておきます。

【ご入会特典】
カードご入会後3ヶ月以内に10万円以上のカードご利用で、30,000ポイントプレゼント
ただし、公式サイトから登録・発行するのではなく、
アメリカンエクスプレスカード保有者である家族や友人からの紹介の場合
【紹介を受けての入会特典】
ご入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上ご利用で通常30,000ボーナススターポイントのところ、36,000ボーナススターポイント
プラス6千ポイントが上乗せされます。
なお、この36,000ポイントは、ANA/JALのマイルに交換すると、
1.00%還元率ですと、12,000マイル、カード決済等とあわせて、6万ポイント単位で交換すると、1.25%還元となり、15,000マイルとなります。
ANAで羽田~大阪間、大阪~福岡間などは、ローシーズンは片道5,000マイルで特典航空券に交換できますから、国内線3区間の航空券に交換可能と言えます。
ですので、この入会時のボーナスポイントは結構大きく、
さらに、SPG AMEXの発行は、紹介による発行がおすすめです。
もし、周りに紹介可能なご家族・友人がいらっしゃらない場合は、私の紹介プログラムを利用していただくことも可能です。
※紹介ボーナスを得るためには、有効な紹介プログラムからの登録が必要です。
紹介が必要な方は、以下の問い合わせフォームよりタイトルを「SPG紹介」としてご連絡ください。
折り返し、メールにて紹介用URLを連絡させていただきます。

コメント