【韓国ドラマ】”蒼のピアニスト”は、終盤はまさに競演って感じ

韓国ドラマ

こんにちは!

今日は、なんと30話もある韓国ドラマ”蒼のピアニスト”を見終わったので感想などを。

蒼のピアニスト みるきっかけ

蒼のピアニストを観たいなぁと想ったのは、

【韓国ドラマ/無料視聴】イ・ジョンソクの数奇な運命に惹かれる~主演ドラマ4本の感想~
こんにちは! 去年みた韓国ドラマ「W-君と僕の世界」で主役を務めていた「イ・ジョンソク」氏にはまったので、彼が主役をつとめる4作品をみてみたので、語る記事です。 軽く衝撃だった~W-君のと僕の世界~ 韓国ドラマ「W-君と僕の世界」...

こちらで紹介しているドラマ「ドクター異邦人」のヒロインで出ていた

チン・セヨンさんがきれいな人やなぁと。

(一緒に出ていたカン・ソラさんも綺麗なんですけど)

他にどんな作品出ているんだろう。と、調べた中でも気になったのが、

今回の「蒼のピアニスト」だったのです。

蒼のピアニスト あらすじとか

あらすじ

貧しい生活を送っていた少年ジホは、祖母の死によって孤児となり、父と名乗る大手楽器メーカーの会長マンセと出会う。
マンセにはかつてピアニストだった妻ヨンランとの間に、音楽の才能に恵まれた息子イナがいたが、別の女性に産ませたジホを引き取り、長男として育てると宣言。
さらに絶対音感を持つジホに一流の音楽教育を施し、次期会長として指名することを考える。そんな父の期待を一身に受けるジホに激しい嫉妬心を燃やすイナ。しかも兄弟は偶然にも同じ少女ダミに恋をしてしまう。
一方、従順な妻としてジホの前で優しい母を演じていたヨンランは、イナに託した夢がジホに奪われていく日々に焦りを募らせていた。そんなある日、彼らが暮らす屋敷で大火災が発生。この日を境に、ジホ、イナ、ダミの運命は美しくも残酷な不協和音を奏で始める──!

引用:TBS-HP

相関図

お約束の相関図!今回は、ふくざつに絡みあったドロドロっぷりだったので、

人物、多め!

引用:TBS-HP

チン・セヨンさんは、ホン・ダミ役ででています。

蒼のピアニスト ネタバレ

(以下、やや、ネタバレ)

まず、子ども時代は、ユ・マンセが外で作った子どもジホを引き取って、しかも、イナよりも、ジホを会社の後継者にしようとするなどで、ヨンランは、やきもきし、

しかも、そんな中、火事で、ユ・マンセが死ぬっていうのが子ども時代。

子ども時代に、イナもジホもダミにであって好意をもつけれども、ダミのお父さんスピョが火事の中、取り残されてユ・マンセたちを助けようとしたものの、結果、火事で死んでしまい、しかも、スピョは強盗に入ってユ・マンセを殺したという汚名まで着せられる。

(ほんとうは、火事が起きる前に、ヨンランがユ・マンセを突き飛ばして頭を打ったので(これで、即死したとは思えないけど)結果、そのまま火事で死ぬんです)

というわけで、こども時代が終わると、

スピョの家族たちは、スピョの汚名を晴らそうと闘うし、

ヨンランは、ジホと表面上はうまくやっているけど、本当はイナの方を音楽家として成功させたいので、裏でこそこそをやっている。

のが、中盤ぐらいで、これだけだったら、跡継ぎ争いと、スピョの家族との確執などで20話ぐらいで終わりそうなものだけど、

ここに、ヨンランの昔の恋人が絡んできて、、、ほうれん草アレルギーのくだりあたりで、おやってなり、さらにこじれて、30話まであるドラマ!それが、蒼のピアニストです。

蒼のピアニスト 感想

共演というより、競演という言葉がしっくりくる

前半の、主人公たちが子どもの頃っていうのは、割と

昼ドラのような陰湿な感じ。弟はわがままだし、おばあちゃんは、息子溺愛してるし、

もー。。。。と、まぁ、軽く流し観しつつ、じりじりとみなが大人になるのを待つ。

大人になったらなったで、なかなかのドロドロ加減。

最後、ヨンランが弱っていくんですが、チェ・シラさんの演技は、かなりなものでした。

ほんとにきれいな人ですね。どんな衣装もお似合いです。

これだけの女優さんを前にすると、チン・セヨンさんはちょっと目立たない感じになってしまう。いや、しょうがないよ。でも、君もがんばったと思う。

ここから2年で、「ドクター異邦人」の演技は、なかなか存在感あってよかったよ。

たいして、男性陣は、ユ・ジホ役のチュ・ジフンさんも、大人の色気があって、

チェ・シラさんに負けないオーラを放ってました。

チュ・ジフンも、なかなか美しいお方なので、他のドラマも観てみよう!と思います。

このドラマで好きになった女優さん

このドラマのキャラクターで、すっごい好きだったのが、チェ・ヨンランの継母である

ナ・ゲファ役のチャ・ファヨンさん。

はじめは、ひたすら、財閥に嫁がせたヨンランから、金をせびりまくるんですが、

ジホの唯一の味方になったり、思ったことをストレートに表現するところが結構すきでした。

なんだっけなーーー。印象的なセリフがあって、

血は水より濃いっていうけど、血より濃いのはお金。お金より濃いのは、涙。

だっけなーーー。なんか、そんなこといってました。

チャ・ファヨンさんは、結婚して長い間引退されていたみたいなので、引退前の作品と引退後の作品は、結構ブランクありそうな感じです。

ここ数年だと、

【家族の秘密】

野王】

などにでていらっしゃいます。

コメント