【韓国バラエティ/感想】「応答せよ」シリーズにはまったら、「花より青春」もおすすめ!

韓国ドラマ

こんにちは!

今日は、韓国の旅バラエティ「花より青春」をご紹介します。

私は、アフリカ編をはじめに観たんですが、もらい泣きがとまりませんでした。

親戚の子をみているようなまなざし。。さて、その理由は!?

花より青春は旅バラエティ

最近、U-NEXTなんかでも、韓国のドラマだけじゃなくって、バラエティとかも観れますね。

テレ東ノリのバラエティが多いような気がします。

(まぁ、私、思いっきり関西人なので、テレ東詳しくないんですけど。笑)

さて、そんな韓国バラエティの中でも、人気なのは、「花より青春」シリーズです。

簡単に説明すると、

・突然、芸能人が「はい、じゃぁ、今夜から●●へ行きますよ~」と言って旅に出さされる。

・メンバーは、もともと仲良しやドラマ共演者などで構成されている。

・お財布・カード類は没収。予算は決められた範囲内で。

って、感じです。

でも、「進め!電波少年」ほど過酷な旅ではないです。(知ってます?この番組??)

どっちかっていうと、芸能人の素の部分がみれたり~なところがおもしろいです。

花より青春シリーズ

私は、製作順にみていないんですが、製作順に説明するとこんな感じです。

花より青春 ペルー編

ペルー編は、(中年の)ミュージシャン仲間3人でいく旅って感じです。

ペルーの旅そのものが割と魅力的なので、「あぁ、ペルー行ってみたいな」という気持ちが強まりました。

【ストーリー】
歌手として活躍する韓国の人気芸能人、ユン・サン、ユ・ヒヨル、イ・ジョクの40代3人組。20年にわたって同じ道を歩んできた彼らが、南米・ペルーへバックパック旅行に向かう。青春というには少し無理がある40代チームがさまざまな経験を積んでいく。

花より青春 ラオス編

ラオス編は、応答せよシリーズ2作目・1994で、下宿生役だった

ソン・ホジュンとバロ、また、バロのいとこ役だったユ・ヨンソクの3人でバックパッカーの聖地ラオスへ行きます。

【ストーリー】
世界中のバックパッカーたちがこぞって訪れる、東南アジアのラオスに向かったユ・ヨンソク、バロ、ソン・ホジュンの3人。20代、花の青春真っ只中の彼らは、現地で思いもよらぬ最悪の状況を経験することに…。ハプニングだらけの旅が今、始まる。

まぁ、ラオスなので、海で泳いだり、おいしいもの食べたりって感じの旅行です。

ヘテ役だったソン・ホジュンはこのラオス行きがはじめての海外だったようで、飛行機でも一人そわそわしている感じでした。

このソン・ホジュンってこの応答せよ1994でブレイクして、その後バラエティで結構活躍しているみたいです。

花より青春 アイスランド編

アイスランド編は、応答せよ1994のスレギ兄貴が行っています。

あとのメンバーは、↓後ろの右がチョ・ジョンソク、左がチョ・サンフンの3人に、あとから弟分のカン・ハヌルが加わる感じです。

手前のカン・ハヌルは、相続者たちに出てた先輩役の人ですね。

【韓国ドラマ】相続者たち~王冠を被ろうとする者、その重さに耐えろ~のあらすじと感想
最近、ちょくちょく韓国ドラマもみています。韓国ドラマって、はまって一気見してしまう物と、2話でフェードアウトしてしまうものとわかれます。 久しぶりに、はまった韓国ドラマ『相続者たち』について、感想なんぞ書いてみます。 相続者たち~王...

【ストーリー】
どこへ行くのかも知らされないまま集められた人気俳優、チョ・ジョンソク、チョンウ、チョン・サンフンの3人。遅れてカン・ハヌルも合流し、一行はアイスランドへ。ヨーロッパ最北端に放り出され、右往左往しながらも彼らは旅に出ることに…。

私は、この番組で知りましたが、チョ・ジョンソクさんは、もとはミュージカルで活躍していたそうですが、最近はドラマにもよく出てらっしゃいます。

しかも、歌手のGUMMYさんとご結婚されるらしい。

そして、スレギ兄貴も、この旅から帰ってご結婚されたみたいで、帰国してから集まった時にお祝いしてもらってましたね~。みんな、お幸せに!

花より青春 アフリカ編

最後のアフリカ編!これは、応答せよ1988の幼馴染

テク(パク・ボゴム)とソヌ(コ・ギョンピョ)とジョンファン (リュ・ジュニョル)と・・・

ジョンファンのお兄さん役ででていたアン・ジェホンの4人でアフリカへ行きます。

【ストーリー】
パク・ボゴム、リュ・ジュンヨル、コ・ギョンピョ、アン・ジェホンら『恋のスケッチ~応答せよ1988~』出演俳優4人が、打ち上げパーティでドッキリを仕掛けられてアフリカへ行くことに。パスポートを渡された彼らは、驚く暇もなくナミビアへ向かわされ…。

なんか、これドラマの打ち上げを兼ねてキャストやスタッフでプーケットへ行き、そこで、ボゴム以外の3人がいきなり、そのままアフリカ行を言い渡されるんですが、

花より青春って人気番組なので、それに出られるのは、人気のある人だ!みたいなことで、コ・ギョンピョとか泣いちゃうんですよ~。(なんか、バッシングされている時期だったみたい)

なんか、しょっぱなから、彼らの初々しさに、心奪われっぱなり。

今回は、アフリカをレンタカー借りて、キャンプしたりしながら旅するんですが、

若い子ほど、海外でもするっと旅できちゃうんでしょうか。

けんかもせず、おおきなトラブルもなくよかったです。

ボゴム好きの人には、ツボな場面がいっぱいあるので必見ですよ~。

なんか、応答せよのドラマのオーディションの場面とかも出てくるんですが、みんなこのドラマで一気にブレイクしたのか、すごい謙虚だし、好感度があがります。

ボゴム君は、小さい頃にお母さんを亡くしてるんですね~。ドラマでも、お母さんを亡くした子の役をしてました。いろいろ、重なる部分もあり、

ボゴムとジュンヨルには、旅を通してずいぶん深い友情がうまれるみたい。

※コ・ギョンピョとアン・ジェホンは、学生時代からの友人なそうです。

最新作は、4人組ボーイズグループWINNERが旅するそうです。

「花より青春」を最も手軽に観る方法

私は、アフリカ編は一番泣けたし、旅先として興味がわいたのは、ペルーとアイスランド編でした。特に、応答せよシリーズを観ている人は、アフリカ編は、やたら泣けるかもしれません。なんて、ええ子たちなんや、と心打たれました。

この作品は、
定額制動画配信サービスU-NEXTで視聴することができます。

公式サイトへ>><U-NEXT>

公式サイトから新規登録で初めの31日間無料でお試し可能!

◆他の動画配信サービスとの比較◆
・U-NEXTの特徴は、
・スマホやタブレットのアプリで視聴している場合、ダウンロード機能があるので、オフライン
(ネット環境がない状態)でも視聴できます。
※ダウンロードした動画の視聴期限は、3日程度
※ダウンロード対象外作品もあり
・動画だけでなく、雑誌読み放題サービスもあり!(これについては、また改めて記事にします!)

・そして、このブログでもよくU-NEXTで視聴した韓国ドラマ・映画の感想を書いていますが、
 韓流作品がとにかく豊富!

新旧ヒット作から、「花より青春」「三食ごはん」などバラエティも視聴可能

※あなたが眠っている間には、1話無料視聴可能

・と思っていたら、「ER緊急救命室」「グッド・ワイフ」「クローザー」全シーズンも見放題!
海外ドラマにも相当、力を入れています!

◆U-NEXTの料金システム◆
・U-NEXTの視聴方法は、2通りあります。
①月額1,990円(税抜)で見放題の作品
 ②作品ごとに、購入して視聴する作品

・「え?全部、見放題にはならないの?」って思うかもしれませんが、
映画や海外のドラマの新作などいち早く配信するものは、DVDを購入したり、レンタル屋さんに足を運んだりするこを考えると、別途料金が必要でも仕方ないかなと思います。

・しかし、月額1,990円(税抜)と動画配信サービスの中ではややお高めな印象ですが、
有料作品を視聴できる「1,200ポイント」が付与されます。
これで、有料作品については視聴することができる仕組みになっています。

・さらに、初めの31日間は、お試し無料です!

韓流好きな方なら、イ・ジョンソクの作品がたくさん見れるのでおススメ!
彼の作品を観て、韓ドラ好きになりました。どれも、面白い!

【韓国ドラマ】イ・ジョンソクの数奇な運命に惹かれる~主演ドラマ4本の感想~
こんにちは! 去年みた韓国ドラマ「W-君と僕の世界」で主役を務めていた「イ・ジョンソク」氏にはまったので、彼が主役をつとめる4作品をみてみたので、語る記事です。 軽く衝撃だった~W-君のと僕の世界~ 韓国ドラマ「W-君と僕の世界」...

「応答せよシリーズ」に興味がある方は、こちらの記事がおススメ!

【韓国ドラマ/感想】「応答せよ」シリーズがおもしろい理由(ネタバレなしでヒロインたちの生まれ年も整理!)
こんにちは! 韓国ドラマの「応答せよ」シリーズの3作品がどれもおもしろかったので、まずは3作品についてご紹介します。 応答せよシリーズ 制作順に紹介 応答せよシリーズの共通点は、以下のものがあります。 【応答せよシリーズ共通点】...
【韓国バラエティ/感想】「応答せよ」シリーズにはまったら、「花より青春」もおすすめ!
こんにちは! 今日は、韓国の旅バラエティ「花より青春」をご紹介します。 私は、アフリカ編をはじめに観たんですが、もらい泣きがとまりませんでした。 親戚の子をみているようなまなざし。。さて、その理由は!? 花より青春は旅バ...

コメント