今のアメリカの姿のはじまりを教えてくれる映画~ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密~

映画・ドラマ

こんにちは!

7月29日(土)公開の映画「ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密」を観てきました!

マクドナルドのファウンダー(=創業者)は、誰?

【STORY】
1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。
ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店<マクドナルド>があった。
合理的な流れ作業の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。
次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

ざっくり言えば、ハンバーガーを30秒で提供するお店を経営していたマクドナルド兄弟から、一人のセールスマン レイ・クロックが、このお店をフランチャイズ化させ、マクドナルド自体を乗っ取っていくんですね。で、マクドナルドの創業者は、レイ・クロックなの?って話ですね。

あと、なんで、乗っ取れたのってところに、秘密があります。

アメリカ行って、マクドナルド食べたことない人いる?

私が、はじめてアメリカへ行ったのは大学生の時ですが、うん、やっぱり、マクドナルドいった気がする。「いや、マクドナルドよりおいしいハンバーガーやさん、ほかにもあるよ・・・」って、現地在住の友達に言われながらも、子供の頃から、アメリカの味!として親しんだマクドナルドを本場で食べておこうか、と食べた気がします。

この映画の中でも、マクドナルド(兄弟)がはじめにハンバーガーを30秒で提供できるシステムをつくりあげた様子が描かれていますが、ファミリーレストランや大型スーパーマーケットなど、ロードサイド型の商業施設のはじまりだそうです。

これも、また、町山さんの解説を聞いてから聞きにいくと理解とおもしろさが倍増♡

で、この解説の中でも言われていますが、現在は、マクドナルドより、より客の好みにあわせて自由にカスタマイズできるハンバーガーの方が人気が高いですよね。

何年か前に、LAへ行った時に、連れて行ってもらった「In-N-Out Burger」いや、カスタマイズで頼めるほどよくわからないんだけど。でも、野菜とかもフレッシュでおいしかったですよ。すごい並んでて、大人気でした。(当時の写真、探したけれども見つからなかった。泣)

日本でもマクドナルドの人気は下火ですが、アメリカで10年後、マクドナルドはどうなってるんでしょうね。

ちなみに、日本は、アメリカと同様に車ありきの住宅地開発が進んで、郊外にどんどん住宅が広がっていきましたが、これでは、もうもたない!ってことで、コンパクトシティへ方向転換しています。車に乗らない私としては、町なか居住の環境が整ってくれるのはありがたいです。と、専門の都市計画の話になってしまいました。

乗っ取る側の精神、乗っ取られる側の気持ち、学びの多い作品です。

「ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密」おもしろかったので、是非♪