手出しなしでポイントゲット!案件「海外プリペイドカードGAICA”発行」レポ

おススメ案件

こんにちは!

今日は、ポイントサイトに掲載されている広告の

「海外用プリペイドカード GAICA」を実際に発行してみたので、レポります。

海外用プリペイドカード GAICAの広告

私は、ちょびリッチで「海外用プリペイドカード GAICA」の発行が2000円相当(4,000ちょびポイント)になっていたので、今回この広告を利用することにしました。

広告利用が承認される条件は、以下の通りです。
【広告利用承認条件】
カード発行後、20,000円(税抜)以上の入金

2万円入金するだけでいいの?ポイントが反映されたら、2万円はそのまま出金できるの?

ちょっときになにますよね。

あとは、海外で使えるプリペイドカードということで、日本で入金しておけば、海外で利用できるなら、持っていて便利なのかも?どうだろうか。というあたりもあわせて検証したいと思います。

GAICAについて

まず、GAICA発行の条件は、ハードルかなり低めです。

では、GAICAはどんなサービスなのかチェックしてみます。

気になるのは、手数料のところですよね。

【GAICAの手数料】
●年会費:無料
●チャージ手数料:無料
●為替手数料:利用金額(円換算)の4%
●ATM手数料:200円/回
●払い戻し手数料:500円+税/回

はい。為替手数料4% ドーーーン!

仮に、1US$=100円として、この4%だと、4円ですよね。おいおい。

海外でクレジットカードで買い物した時の手数料が1~2%程度のるといわれているので、非常に高い手数料だと思いますね。

ま、とりあえず、この案件やると決めたので、粛々と成果目指して頑張ります。

GAICA発行の申し込みは、ネットで簡単

申し込み条件もゆるーいので、申し込みもネットで簡単に行えました。

一応、キャプチャをざざっと。

というわけで、最後は、マイナンバーの画像をネットでアップロードすれば、申込み完了です。

申し込完了から1週間ほどで、簡易書留でGAICAカード届きました。これで安心してはいけない!

2万円を入金する

はい。カード発行できたら、20,000円を入金しないとポイントをもらえません!

カードが届いてするべきファーストステップ~ユーザーID登録~

届いた書留に同封されていた書面に従って手続きを進めていきます。

まず、はじめにすべきことは、①ユーザーIDの登録です。

会員専用サイト:https://ap.gaica.jp

から登録できます。

具体の登録については、同封書類を見ながら進められると思うので、割愛!

とりあえず、完了しました。

セカンドステップ~アクティベイト~

ユーザーIDの登録ができましたら、続いて、アクティベイトを行います!

アクティベイトって、なんでしょ。「カードを利用可能な状態にする手続き」って感じでしょうか。

これも、同封書類に従って、ちゃちゃっと完了!

アクティベイトが完了しますと、

■カードがご利用可能になりました。

と表示されます。

いざ、2万円を入金!その前に「Flex機能」をつける!

あれ、なんか、このまま入金していいんだっけ?と。

今回、私が発行したのは、「海外プリペイドカード GAICA」なんですが、

Flex機能付っていうのがあるんですよね。あれ、私のカードどうなってるん?と思うと、ついていない模様。

ちなみに、Flex機能がつくとどうなるかっていうと、

払い戻し手数料が無料になります!

新生総合口座パワーフレックスお持ちの場合は、Flex機能を付けられる!ということです。

(発行する時に、「あ、私、新生銀行持ってるから手数料無料にできるな、ふむふむ」と思っていたはずなのに、いざ、カードが届くと忘れちゃってましたが、私の中のお金レーダーが何か違和感を訴えてきました。笑)

ちなみに、普通に、(ポイントサイトから)GAICA申し込んだ場合、Flex機能ついていない模様です。

Flex機能の追加方法!

Flex機能の追加方法については、会員専用サイトのトップ画面にリンクがあります。

以下の通り、5つのステップでできるようです。

私は、新生総合口座パワーフレックス持っているので、さくさくっと上記を進めていきます。

登録完了は、翌日に「口座登録完了のお知らせ」メールが届いてから、新生銀行からチャージできるようになるということです。

なお、すでに発行されているカードにFlex機能が追加されるので、カードは継続して使えるとのこと!

※新生総合口座パワーフレックスを持っていない場合

新生総合口座パワーフレックスを持っていない場合の選択肢は、2つあります。

①チャージ専用口座に入金

GAICA発行時に、チャージ専用口座が記載されています。(自分専用)

私の場合は、三井住友銀行の普通預金口座でした。そこに、2万円を入金すればよいとなります。

※他行から振り込む場合などの振込み手数料は、利用者の負担になります。振込み手数料を仮に、ゼロにできたとしても、払い戻し手数料はかかってしまいます。

②いっそ、新生総合口座パワーフレックスを作る

もしお持ちでないなら、新生総合口座パワーフレックスもいっそ作っちゃう!というのも1案です。

新生銀行の口座開設もちょびリッチに出てますよ。1,100ちょびポイント=550円相当です。

新生口座持たずに、払い戻し手数料540円払うか、

新生口座もあわせてつくって550円相当もらって、払い戻し手数料ゼロにするか、さて、どうする??みたいな感じです。

翌日、朝一に登録完了のメールが届いていたので、さっそくチャージしておきました。

承認条件の2万円(税抜)以上っていう、よくわからない書き方だったので、余裕をみて、2.2万円を入金しておきました。あとは、ちょびリッチのポイントが付くのを待ちたいと思います。

あれですね、Flex機能がないと、為替手数料4%ですが、Flex機能がつくと、以下の4通貨は為替手数料・ATM手数料が無料ですね。

「米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル」

日本円で入金しておいて、現地のATMで現地通貨(例:米ドル)を引き出せてしかも為替手数料が無料というのは、結構便利かもしれません。ショッピングで使うことはあまりなさそうですが、現金たらない時は便利かも。もう少し、取扱い通貨数が増えるとよいですがね。

ポイントがつけば、2万円払い戻ししちゃったとしても、海外へ行くときに、一応日本円入金しておいて、必要になれば現地で引き出すというのもありかもなぁ。

と、思いつつ。

手数料4%、どうしようもないカードやな!とか思ってごめん!

 

 

ちょびリッチの登録は、以下のバナーからできます。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

マイラーなら新生総合口座パワーフレックスを活用しておこう!

新生総合口座パワーフレックスを活用して、毎月、ポイント・マイルを獲得しています。

自分で仕組みを作って、お金の引き落としなどを自動化して、かつ、ポイントももらえます。

毎月、少なくともANA10マイル、Tポイント(もしくは、dポイント)を32ポイント獲得しています。

毎月のお金の流れを自動化して、マイルとポイントをもらう方法
こんにちは! 前回、海外用プリペイド用カードGAICAと新生総合口座パワーフレックスについて紹介しました。 新生銀行のポイントプログラムの活用法についてまとめたいと思います。 この記事で紹介しているように、毎月、自分の保有口座間で、お...

コメント