2022年6月のFXトレード5本振り返り

FXトレード

お疲れ様です!

6月の良かったトレード、見直しが必要なトレードだけでもまとめて、次につなげたいと思います。

最終的には、「なんで、ここ入ったのかわからないな」ってトレードをなくしたいです。

noriさんの勉強コーナーで勉強中ですが、4H、1Hを主にトレードしています。

(陽線緑、陰線赤にあわせてリボンの色を設定しています)

トレード①分割利確がうまくできたトレードGBP/USD(4H,1H,M)

上で書いたように、4H、1Hでトレードしているので、日をまたぐスイングトレードをしています。

去年から分割利確をするようになり、当初は水平線で分割利確をしていましたが、今はN、M、Wで決済しており、4H,1Hのチャネルだったら最終目標まで遠いので、分割で利食いしています。

分割利確の時に、最後まだ伸びるかなと思って残しておいたロットが建値に戻っちゃうとかあるあるなんですが、6月にわりと下降の波の下のほうまで分けて、全決済できたトレードがありました。

するするっと落ちていったので、3つ利食いして、そのあと反転上昇していきました。

このMのチャネルでショート狙う前に、下図の4Hの大きなチャネル(水色)の上限で抑えられてるなぁっていうのはみています。

こうやってみると、めっちゃうまくいったようにみえますが、エントリーは結構苦戦してます。

15Mでショートはいろう、入ろうとしてますが、あとでみれば、ガチャガチャせずに、

4HのMに対しては、1Hで切上げひいてブレイクみればいいんじゃないかと思ったりします。

全決済して、資金を次のトレードに回していくのも大切だなって思いました。

トレード②上昇トレンド中にショートでとれたトレードUSD/JPY

4Hメインでトレードしているんですが、どういうところでエントリーするかというと、

上昇トレンド中に、緑のまるの当たりの押し目作って反転上昇したところでロングする。っていうのが基本のエントリーポイントで、これだと、すごいエントリーポイント少ないんだよな、、というのが悩みです。

また、4Hの波で大きな平行チャネル(黒)をひいて、この中で動いているんだなぁとみています。

今回ショートしたのは赤矢印のところで、これは、SNB(スイス)の利上げ(16:30発表)を受けて大きく動いたところと重なって、ショートが伸びたところです。

長く平行チャネルを引いて、波を見る癖があるんですが、今は、「3点見つけたらチャネルをひく」というのをがんばって癖づけているところで、その時、ポジションを持っていなくても、今の動きのチャネルの到達点はどこかを考えて、このチャネルが完成したら、次、こういうトレードができるのではと考えるようにしています。

前置き長いですが、これは1Hで、W→Nが完成したあと、トライアングルになり、リボンの色がかわった!と。

エントリーは15Mで(勉強コーナー#26③と違いますが)

・200SMAがレジスタンス

・aのラインがサポレジ転換

・Wトップの二つ目の山、30分で上ヒゲで止まった+黒のレジスタンスライン3点目で反応

→複数の根拠で反転確認した。ショート。

当初、133.50で利確予定(100pips弱とれる)でしたが、

下げの勢いが強かったので、分割で利食いすることにして前に確認していた「N」の安値を起点に

132.60(183pips) と132.60(283pips)で指値で利確。

人からみると、特別なトレードではないんですが、大きな平行チャネルの下限でもなく、上限までまた距離があるところでショートするエントリーってなかった形なので、利確できて嬉しかったです。

もう一つは、下落の勢いが強かったのをみて、Nで決済の132.50から分割利確でMチャネルで利確ポイントをのばすのもこのトレードで覚えました。エントリーもイグジットもパターン覚えて淡々とできるようになりたいです。

③トレンドフォロー(15M,N) EUR/JPY 

EUR/JPY

15Mで、一度75EMAタッチして、リボンが収縮、切り下げラインも上抜けたところで

上昇トレンド中の順張りロング。

4Hみると結構上でロングしているので、一波で利確してしまわないといけないところ

決済チャネル引き直してみたけど、利確ポイントはかわらなかったかなと思います。

4月はこんな感じで、クロス円ロングのトレードを1Hと15Mでやっていたような記憶があるので、自分のトレードパターンとして整理しておくことにしました。

6月反省

去年は、4Hしばりでトレードしてました。すごいエントリーポイント少なかったんですが(笑)

これを1年続けて、まずは、年間通してトレードを続けることを目標にしていました。

今年になって、3月ごろから15Mも勉強するようになり、そうすると、普段も15M足を見ちゃうので(15Mは私にはちょっと慌ただしいので苦手意識があります)、なんだかポジポジしちゃって無駄なトレードもとても多くなってるなあと、5月ごろから思ってました。絞ろうと思いながらも、6月も60回ぐらいエントリーしています。今は意識して普段は1Hか30Mを監視するようにしています。

④あいまいなエントリーで入りなおしたトレードGBP/JPY

6月のトレードのエントリーと決済を書き出していて、

エントリーして損切したあとに、同じ方向にエントリーして利確しているトレードというのが

2つありました。

そのうちのポンド円だと、ショートで60pips損切した同じ日にもう一度ショートして200pipsとっているトレードがあったので、振り返ります。

履歴をみると赤のところでショートしたけど、ちょっとあげたところで切って、またもう一度入ってってやっています。

赤矢印でショート。損切にかかり終了。

黒矢印でちょっとラインを割ったから、「よし」と思って入ったんでしょうね。焦りすぎ。まだ落ちないって形で覚えておきます。

結局もう一度入りなおしています。ブレイク確認前にはいってますけど。。

利確はもっとあいまいで、これ、月曜日なんですが、月曜の夜は22時半すぎまでチャートみられないので、浅めで指値いれてるんでしょう。

今だったら、どう決済するかなぁと考えたら、N→Mかなと思います。

リボンありバージョン

あとで見返して、自分で自分の考えを思い出せないトレードって、ダメですね。

伸びたから結果オーライじゃなく。反省です。

⑤6月損切幅が一番大きかったトレード GBP/JPY

振り返ってみると、なぜショートしているのかさっぱりわからないトレードでした。

6月20日に164.75で売っていますので、赤矢印のあたりでショート。

4H

1H

15M

何を根拠にショートしたのか。。

今なら、15Mに切り下げひいて、ロングを待てているはず!

エントリー時のメモをみると、黒のトレンドライン3点目反応して、166.10がレジスタンスになっているので、上こえらないと思ったみたいです。(この黒のラインで何点か反応してますね。)

エントリーがダメすぎて検証も速かったです。時間たってからみてみたら、「なんで、こんなところで売ってんの??」ってところだったりするので、もうこんな失敗はしないはず。

勉強コーナー27①

勉強コーナー27の① 実際のチャートでチェックしたので、はっておきます。

7月抱負

〇ポジションに愛着を持たない。

〇エントリー前にリスクリワード、損切位置をチェック。

〇エントリーする価値のあるポイントか考える。

〇すべてのトレードを、今月の1本目の気持ちで丁寧に。

【テクニカルの勉強】

・三尊、逆三尊のところのラインひき方をマスター

・動いているチャートでポンド円の1時間足バックテスト→8月の盆休みに
 (実際のトレードの整理を優先することに)

・ピラミッティングの練習(頭の中では、こう積みながら回したいっていうのあるんですが、なかなかできません)

そんなわけで、少し、いろいろな点と点がつながってきているような、、、気もしつつ、

「伸びしろしかない」を合言葉に今月もがんばります。