2022年6月最終週からのショートしては返ってくるドル円

FXトレード

お疲れ様です。

「ショートを取りたい」私の女心をあざ笑うように、戻ってくるドル円。

ひとまず、建値撤退なので、まぁよいでしょう。

USD/JPY 迷走したM

4時間をとばして1H足で、青M狙いのショート

金曜の夜を終えた段階でチャート右端の位置。

M完成の前にオレンジNで分割利確をいれておけばよかったなと思いました。

さらに、週明けてちょっと下げたので、半分か1/4利食いすればよかったですが、(ちょっと下げたら、このまま下げるんじゃないのと思ってしまった)建値にもどってきたので、微益撤退です。

途中で、水色のラインを引いて、自分がどのチャネルを狙っているのかよくわからなくなったり、

なかなか迷走しました。

私は水色のラインをひいていましたが、他の方は(というか、noriさんは)一番上の高値を外して、

aのラインを引かれていました。そうすると、反応するポイントが多かったんですよね~。

お金は稼げなかったけど、また一つ賢くなったと言い聞かせます。

微益で逃げたので良かったです。

USD/JPY M!と思ったらトライアングル阻まれる

そうして、改めもう一度4Hみていて、オレンジWからの紫Mじゃないか!と。

黄色のMは無理そうでも、紫のMはいけるじゃない!と。

前日、ユーロドルめちゃくちゃ落ちたので、今日少し戻すとすれば、ドル売になって、ドル円も下げるじゃない!

また、長いチャネル(黒)のサポートラインとMの終点がいい感じでぶつかるので、このあたりでとめられるかなぁとか、

ほくほく思っていたら、「トライアングル」みれていませんでした。(みえにくいけど黄色の線)

そんなわけで、嫌な予感は的中し、建値で終わりました。

エントリーは、紫あたりかな。

今日(7/6)は、23時のアメリカの指標発表注目だ!とか言ってるので、今夜はノートレで終わりそうです。

4Hで波をみてやっている(つもり)なので、4HでN、M、W探しをしてみようかと思ったんですが、いや、まだまだ切り上げラインの引き方がひよっこだなと思って、もっとそっちの精度をあげたい。

ボブがやたら言ってた「セットアップ」って、

「エントリーして、ブレイクする形、整ってるか。(切り上げブレイクでいう、4点目とかMAの向きとか)ってこと、かなと思うこの頃。

週末、一人で本のチャートみていて、「15分足の波もみれない女がよくこの5分のチャートみてマスターできると思ったな」って2019年ごろの私を思い返して笑ってしまいました。

(この本では、利確20pips、損切10pipsでまずやってみて、って感じだった記憶がありますが、5Mでブレイクしたと思っても20pipsなかなか伸びなかったです。ボブのいう、フォロースルーがない)

エントリーポイントがなければ、勉強すればいいじゃない。って、マリーアントワネットなら言うはず。がんばります。

追記:指標前にエントリーして損切

↑で、指標あるから今日はもうトレードしないとか言ってたのに、「忘れてて

ショートしてドル円損切に。

ただ、指標で損切になったというより、そもそも間違ったエントリー。

エントリーしたのは、15Mの↓の始値。

1H

【トレード終わってからの反省】

①1H/4Hで紫のMになるんじゃないかというシナリオを捨てられず。

②仮に①のシナリオでトレードするにしても、1Hでみているトライアングルの黄色の線を

 1H足レベルで下抜け確定を待てば、下抜けなかったのでショート見送れたのに。

③エントリー時には指標のこと、忘れちゃっていたので、気になる指標のある時はチャート上に

 デカデカと書いておかないとうっかり忘れる。

④もう一つは、15Mの下降の赤リボンがだいぶん長かったので、1回上にいくだろうというのを考えていなかったですね。

 

特に、② 1Hだったり、15Mだったり、あれこれ見て、待てなかったり。気を付けます。