【台湾グルメ/阜杭豆漿】訪台の際に、必ずたべにいく朝ごはん屋さん

台湾

こんにちは!

ホテルの宿泊プランに朝食がついていても、台湾(台北)滞在中に、一度は必ず立ち寄る朝ごはんのお店「阜杭豆漿」についてご紹介します。

阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)の場所

MRT板南線「善導寺」駅5番出口を出て、1階は「華山市場」が入っているビルの2階です。

ここのお店は、フードコートのようになっていますが、特に朝食時は、大半が阜杭豆漿の

お客さんではないかと思います。

早朝から営業していて、昼過ぎぐらい、なくなり終了となるようです。

月曜日が定休日になっているので、訪問時は気をつけてください。

おすすめメニュー

豆腐のような豆乳(鹹豆漿)を楽しんで♫

 

まず、豆乳(正しくは、「豆漿(トウチャン)」を注文する際に、「温」か「冷」を選びます。

これは、まぁなんとなくわかると思います。

次に、「甘(甜豆漿)」(いわゆる私たちが普段口にするような豆乳)か、「酸(鹹豆漿)」を選びます

これは、豆乳にお酢をかけているんですね。そうすると、おぼろ豆腐のような感じで半固形になります。

おススメは、「温かい・酸(鹹豆漿)」です!

これが、おいしいんです!

初めて行ったときは、「甘」「温」豆乳にしたんです。

なので、普通に、あったかい豆乳に味のあまりしない揚げパン(油條)を浸して食べるというあまりピンとこない感じでした。

↓はじめての阜杭豆漿で、豆乳は、まぁ豆乳で普通だし、揚げパンは量が多くて食べきれないし・・・困惑した思い出(笑)

でも、2回目行ったときに「酸」にしたら、もうこれは全然違う食べ物でした!

↓どうやら、「酸」がおすすめならしいということで、同じメンバーでリベンジした時の写真。

朝から食べ過ぎな3人。笑

かなりの行列のできるお店ですが、テイクアウトの人も多いので、案外列はさくさく進みます。

並ぶの大嫌いの私も、この店は並んでも食べます。

朝ごはんは、「温」「酸」で頼むのがおすすめですよ♪


揚げパンひたして、辛いお味噌もいれて食べます。

ちなみに、はじめから少し「油條」入っているので、私はいつも、別で注文はしていないです

結構、量が多いので、おなかいっぱいになるので、他のものが食べられなくなります。

サイドメニューもおいしいのでおすすめ

「小餅」が売っていて、(写真の右のやつです)

外側が、パイ生地みたいに何層にもなっていて、中は、「ネギ・切り干し大根・キャラメル」の3種類あります。

私は、キャラメルがお気に入りです。

行列ができていても、思ったほど並ばない

なお、たいてい、行列ができています。

お店は2階ですが、階段をぐるっと行列ができていて、地上にもビル沿いに行列ができている時もあります。

階段の下ぐらいまでなら、行列できていても、そんなに待たなくても、入れると思いますので、行列をみて、諦めないで!


2階の店舗から、階段もずらりと1階まで行列が並んでいます。

テイクアウトの人も多いので、順番が回ってくるのは結構速いのかなと思います。


作っても作っても売れていく。

カタコトの日本語で注文可能

日本人の利用者が増えてきたので、なんとなく、カタコトの日本語で注文きいてくれます。

なので、注文はあまり心配しなくて大丈夫と思います。

オーダーのカウンターで、注文をきく人に、オーダーを伝えます。

商品受け取りのところで、あわせてお会計する流れです。

是非、朝ごはんに行ってみて下さい!

【お店情報】
阜杭豆漿:営業時間 5:30~12:30くらい
台北市忠孝東路一段108号2F-28

コメント