【台湾】台湾最大の湖「日月潭」へのアクセスと遊覧船について

台湾

こんにちは!

日月潭のリゾートホテル「ザ・ラルー」に泊まってみたい!

そう想い続けて数年がたちました。

今回は、日月潭へのバスでのアクセス方法と、遊覧船について紹介します。

日月潭の場所

日月潭は、台湾南投県魚池郷にある湖で、

位置的には、台湾の中央部にあります。

wikipediaより↓

主要都市からのアクセスは、高速バスを利用することになります。

google のストリートビューで見ると、ひとまずきれいな湖で驚かれることでしょう。

日月潭へのアクセス(台中からバス)

台北・台中から、高速バスを利用して日月潭へ行くことができます。

調べたところ、

台北からバスだと、片道4時間ほどかかるそうです。

台中からバスだと、片道1時間半ぐらいです。

なお、台北~台中間は、新幹線(高鉄)で1時間ほどなので、

台北から新幹線で台中へ、台中からバスに乗り継いで日月潭へ向かえば

乗り継ぎ時間を考えても、3時間ほどかなと思います。

私は、台中に数日間滞在する間に、日月潭へ一泊しにいくことにしたので、

「台中からバスで日月潭へ」行くことにしました。

台中からバスで日月潭へ

台中からバスで日月潭へ行く場合、

「南投客運」というバス会社を利用します。

台中での乗り場は、3か所あり、

「台中・干城駅」→「台中火車駅(台鉄・台中駅)」→「高鉄・台中駅(新幹線・台中駅)」

という順に回って、日月潭へ向かいます。

「南投客運」のサイトから時刻表も確認できます。

私は、始発の「台中・干城駅」から利用することにしました。

台中・干城駅の住所(臺中市雙十路一段35-8號)を目的地にしてuberで向かいました。

切符を(現金のみ)買って、バスが来るまで待合で待つことができます。

バス乗り場にバスがきたら、

みんなぞろぞろと荷物を預けて乗り込んでいきます。

チケットは、往復と遊覧船付きのセットにしました。

切符は、「これ、切符なん?」というレシートみたいなものなので、

無くさないように注意!

のる時、スタンプを押されて、降りる時に回収です。(たしか)

日月潭は、バスターミナル(というほどのものでもないが)

に着きます。

1人~2人なら、バスがお手頃ですが、

家族連れなど人数が多い場合は、チャーターを利用するのも有効です。

台湾での新幹線利用時や、現地ツアーでよく利用するのが、kkdayです。

日本からネットで、ツアーや送迎サービスを手配しておけるので便利です。

kkday>>台中 – 日月潭:貸切チャーター車 片道送迎プラン

台中へ戻るバス

私は、金曜日に日月潭へ宿泊したので、

戻りは、土曜日でした。

なんとなく・・・ですが、

行きのバスが空いていたのに対して、台中へ向かうバスは、割と混んでいました。

バスが、高鉄・台中駅(新幹線・台中駅)にもとまるのですが、

ほとんどの方がここで降りられたので、日月潭や途中の駅から乗ってきて、

新幹線へ乗り継ぐ人が多い印象でした。

乗り場は、この派出所の向かいにあります。

チケットを見せたら、ここで待ってればよいと教えてくれます。

ややこしいんですが、台鉄・台中駅は別にあり、

高鉄・台中駅は、台鉄・新烏日駅(しんうじつえき)と直結していますので、

鉄道へ乗り継がれる方全般が利用されるのか、バスはとっても混んでいました。

日月潭から乗る分には、始発駅になるので、問題はないと思いますが、

行きががらがらで、帰りものんびり寝ながら帰れるだろうと思っていたので、

ちょっと慌てました。

(なんだっら、すいてるなら、バスで水着乾かそうかと思ってた。笑)

私は、ホテルを台鉄・台中駅の近くに取っていたので、

台鉄・台中駅で降りましたが、駅舎からは少し離れています。

乗ってきたバス↓

高鉄・台中駅で下車すると、ターミナル内で乗降できる(屋根がある)ので、

雨がひどい時は、高鉄・台中駅で降りるのもありかもと思いました。

台鉄・台中駅と高鉄・台中駅は、タクシーで1000円ちょっとです。

日月潭の遊覧船にも、もれなく乗ってみた

日月潭へ来たら、もれなくみんな乗るであろう、「遊覧船」

ぐるっと一周を、右回りか、左周りするそうで、どっち周りかは、運航している

船会社によって違うということです。

私は、行きのバスチケットを購入する際に、遊覧船のチケットもセットで購入していました。

当初、日月潭にバスがついたところにあるツアリストセンターでスーツケースを

預かってもらえる。という情報だったんですが、

肝心のそのセンターが工事中でした。

 

なので、どこで(割と大きな)スーツケースを預けようかと困っていたのですが、

遊覧船乗り場の方へいくと、ちょうど、私が購入した船会社の

チケットセンターがあったので、そこで50元(200円弱)で預かってもらいました。

遊覧船の乗り場は、

バスターミナルにバスがついて、

並びに、「セブンイレブン」「スターバックス」がありますので、

ここを右に曲がると、見つかります。

遊覧船を降りて、すぐホテルに向かったので写真がありませんが、

ここらへんは、お土産やさんなどが並んでいます。

桟橋あたりは、工事中で、

私が、乗る「水社碼頭」は、一番右の桟橋からでる船です。

目印は、「馬!」笑

遊覧船は、途中、2か所とまり、みなさん、降りて散策に出かけられるんですが、

私は、ちょっと疲れ気味だったので、どこにも降りず、

ただ、ただ、日月潭を船で一周

(といっても、ピンポイントで回るので、一周というより、向こう岸にタッチして帰ってくる

イメージの方があいます)

して、返ってきました。

各、停車場から、皆さん乗り降りして、これが、延々続いている感じです。

船内では、(台湾語で)船のお兄さんが、いろいろ話をして、

結構、楽しませてくれるみたい(皆さん、楽しそうに聞いていた)

ですが、私にはさっぱりでした。笑

↓手前に見えているのが、私が泊まる「ザ・ラルー」です。

そして、「ラルー島」は台湾原住民サオ族の聖地となっていることから、

上陸はできません。

小さな島なので、遠くから眺めてるぐらいがちょうどよいように思います。

と、なんともざっくりした日月潭へのアクセスと、日月潭遊覧船レポートでした。

コメント